EverZOne+イナダ組 公演 YAMAKIN-CHAN 『素敵な恋の話しなわけじゃない』
EverZOne+イナダ組 公演

YAMAKIN-CHAN
『素敵な恋の話しなわけじゃない』

2017年 2月
2日 木曜日  19:30 開演
3日 金曜日  19:30 開演
4日 土曜日  13:00 開演
        18:00 開演
5日 日曜日  13:00 開演

場所/演劇専用小劇場BLOCH(ブロック)

作・演出/イナダ
出演/SASUKE HIROKI  KEI  DAICHI 
   山村素絵 藤谷真由美 武田晋
   ゲスト/さとツヨ

【チケット】
 前売:3,000円(全席自由)
 当日:3,500円


※当日は整列順の入場となります。
※開場時間(各開演の30分前)めがけてお越し下さい。
※近隣のご迷惑にもなりますので、開演前及び終演後に会場周辺でお待ちになるといった行為はご遠慮下さい。 
※未就学児のご入場はできません。
 ※当日券のお客様は開演直前のご入場となる場合があります。

【スタッフ】
 照明:相馬寛之 音響:橋本一生 舞台美術:FUKUDA舞台 衣装:村山里美
 宣伝美術:山田マサル 宣伝写真:奥山奈々 協力:パインソー
 制作:EverZOne(株式会社WITH) 劇団イナダ組  

【チケット取り扱い】
 ローソンチケット(Lコード:11567)

問合せ:株式会社WITH
info@with-ezo.jp

EverZOne公式HP
http://www.everzone.jp/


俺達にとってこの世界は十分狂っている
奴は悪魔か! それとも救世主か!?

あらすじ

俺、マサル、二郎。そして山金。俺達4人は幼なじみだった。
山金は11年前この街を出て行った。俺、マサル、二郎の3人はこの街で今も暮らしている。
昔はよくつるんで遊んでいたが、最近じゃ〜会うことも少なく、それぞれ日々の暮らしに追われている。
俺、木杉翔太。皆からはキーやんと呼ばれている。家の八百屋を手伝っている。二郎は俺達とは違い大学も出てハウスメーカーで営業をしている。夏には子供も産まれるみたいだ。マサルは根っからのいい加減で昔からまっとに働かない。今は何やってるか分からない。3年ぐらい年上の女がいるらしくヒモみたいな生活をしている。





◼︎次回イナダ組公演

若手公演 vol.5 キミが噓をついた


【日時】
2017.6
1日(木) 19:30開演
2日(金) 19:30開演
3日(土) 13:00開演
   17:00開演
4日(日) 17:00開演


【場所】
劇団イナダ組 稽古場
札幌市豊平区豊平3条7丁目3-20 ニューライフ豊平202


【お問合せ・チケットご予約】
劇団イナダ組 tel:070-5604-5136